カーボメッドの効果や口コミって?

 

「カーボメッド」は、体にごく細い注射針を挿し、そこへ専用の機器から炭酸ガス(二酸化炭素)を送り込む痩身治療です。

 

この炭酸ガスが、その部分の新陳代謝を高め、体にこびりついた脂肪を一気に消費する……という仕掛けです。

 

一般的な脂肪吸引のように、皮膚の下から一気に脂肪をとっていくような過激なことはしません。

 

ですから、「いくらやせたいらといって、本格的な手術まではしたくない」という人たちに人気です。

 

ただし、このように穏やかな方法な分、効果が出にくい人もいるようです。また、一回の治療だけでは、目立った変化はありません。数日おきに、6〜10回程度、部位によってはそれ以上通う必要があります。

 

実際に治療を受けた人たちが、「しっかりとした効果があった」としているのは、おなか(下腹部)、ウエスト、あご・ほお、二の腕、太ももなど、付いている脂肪の量も多い部位です。

 

半面、背中やふくらはぎなどへの効果は、微妙なことが多いようです。

 

ただ、男性の場合、脂肪対策を考える部位としては、おなか(下腹部)とあご・ほおが圧倒的です。十分に検討してみる価値はあるでしょう。

 

また、「仕上がりがきれいなのでホッとした」という声は、ほかの方法よりも多いようです。

 

事前には、「脂肪がなくなったら、その分、皮膚がたるむかも」といったことを心配する人もいます。

 

ですが、このカーボメッドの場合、「新陳代謝を高める」というのもいい方向に影響が出ているようです。

 

皮膚の細胞全体が刺激を受け、いわゆる美肌効果も同時に起きているのです。そのため、皮膚のタルミ・シワ・シミ・ニキビ跡なども解消に向かいます。

 

http://xn--q9j2cy55l3cjkpniqek24bdua.com/
脂肪吸引横浜なら.com

ボディジェットの評判や口コミ、安全性について

 

日本で脂肪吸引が始まったのは1983(昭和58)年ごろとされています。

 

当初はあまり工夫もなく、本当に体の外から吸引管(カニューレ)を入れ、脂肪を吸い取るだけだったようです。

 

これだと、脂肪が十分に取りきれないばかりか、出血も多く、危険性もありました。

 

「もっとスムーズに脂肪が流れるようにならないか」といろいろな工夫がされるようになりました。

 

そのうちのひとつが、「ボディジェット」です。

 

吸引管の先端で水が噴き出るようになっています。脂肪を吸い取るための穴はそれよりも少し上についています。水が噴き出ると同時に、水や脂肪をどんどん吸い取っていくのです。

 

この方式のメリットはいくつもあります。

 

@このジェットの水が脂肪層と筋肉層の間に入り、脂肪がはがれやすくなる。

 

A水に麻酔剤、止血剤を混ぜることができる。なので、全身麻酔や局所麻酔をする必要がない。また、出血量も少なくて済む。

 

B水の層が保護膜役をしてくれ、血管や神経などがダメージを受けにくい

 

……といったことが挙げられます。

 

この方式を採用している美容クリニックでは、「手術後の皮膚も凹凸がなく、きれい」「痛みがなく、ダウンタイムも短くて済む」としています。

 

「これまでの脂肪吸引のデメリットを全部克服した方式」といったようにアピールするところまであります。

 

「ダウンタイム」とは「回復にまでかかる時間」のことです。脂肪吸引は一般的には入院までは不要ですが、痛みが続いたり、脂肪がなくなった跡にすき間ができないように、しばらくは圧迫し続ける必要があるのです。

 

このように優れた方式ですが、過信は禁物です。

 

実際に手術を受けてみた人の中には、「内出血や痛みがひどく、回復のために考えていた休暇では短すぎた」といったような人もいます。

 

「脂肪がうまく取りきれるか」、「手術後の皮膚がきれいに仕上がるか」といった点でも、医師の腕次第の面がとても大きいです。

 

信頼できるクリニックや医師を選ぶ必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

HOT WEB NEWS

 

 

 

更新履歴